講習会のご案内

4・5月度行事のご案内

新年度となり皆様お元気にお過ごしのことと存じます。既に「志るべ」1月号で説明されておりますように、新年度から講習会についての基本方針が変更になります。これに伴い、4月以降会員の皆様には財団が開催する講習会をオンラインでご視聴いただくことを基本とし、しばらくは神戸での講習会開催を見合わせることにいたします。財団の講習会にご参加いただくには、財団公式サイトでの事前申込が必要です。詳細は財団公式サイトをご覧ください。また申込時にはPeatixのアカウント登録が必要です。神戸の講習会のようなメールでの受付はありませんので、お早めにPeatixのアカウント登録をお願いいたします。

5月 1日講習会申し込みサイト: https://220501tempukai.peatix.com/
5月 8日講習会申し込みサイト:https://220508tempukai.peatix.com/

事情によりご自宅等でのオンライン視聴が難しい方もおられると思います。神戸の会では4、5月の財団講習会(計4回)について、パブリックビューイング(合同視聴会)を開催いたしますので、是非ご参加ください。
なお、日曜行修会は準備が整った会場から順次リアルで開催します。東会場では4月からリアル+オンラインのハイブリッド型日曜行修会を行います。オンラインの方はこれまでどおりZOOMでご参加いただけます。また、徳光院会場でも4月からリアルの日曜行修会を再開いたします。是非ご参加ください。

【講習会パブリックビューイング(合同視聴会)】

4月以降の講習会は財団本部で行うものをオンラインで配信し、各自でご視聴いただくことになりました。当日ご都合がつかない方は月末までの見逃し配信をご利用ください。事情によりご自宅等でのオンライン視聴が難しい方もおられると思います。神戸の会では4、5月の講習会計4回について、神戸の会事務所でパブリックビューイング(合同視聴会)を行います。オンライン視聴が難しい方は是非ご参加ください。

日 時 演 題 講 師
4月 3日(日)13:30~15:00 心身統一法概論 吉田章人
4月10日(日)13:30~15:00 観念要素の更改法 山田真次
5月 1日(日)13:30~15:00 積極観念の養成法 山下晃司
5月 8日(日)13:30~15:00 神経反射の調節法/精神使用法 佐藤昭明
会 場: 神戸の会事務所(参加希望者が多い場合は会場を変更します。)
開場:13時00分 13時20分までにおこしください。
参加費: 会員 無料  会友・一般 1,000円
定 員: 10名
申 込: 毎回必ずお申込みが必要です。(完全予約制)
電話受付 (078) 599-8213
・留守電話となった場合はお名前と電話番号をお知らせください。担当者から折り返しご連絡いたします。
・転送され担当者が出るまでお待ちください。
開催日の前々日(金曜日)までにお申込みください。
・定員に達しましたら締め切らせていただきます。

《注意事項》
・参加希望者が多い場合は会場を変更することがあります。
・参加費は、当日会場受付にて申受けます。
行事参加行動ポリシーをご確認ください。
・当日は健康状態申告書に記入のうえ、ご持参ください。
・マスクを着用して、飲料・ハンカチを持参してください。
・なお、会場での茶菓の提供はありません。
・万一、開催日に兵庫県が緊急事態宣言中、あるいは蔓延防止重点措置が発令されている場合は、パブリックビューイングを中止または延期いたします。 ・体調不良で会場に来られなくなった場合はご連絡をお願いします。

【ハイブリッド日曜行修会】

日 時: 毎日曜日 9時00分~12時00分
神戸の日曜行修3会場のうち、4月から東会場でハイブリッド型の日曜行修会を実施します。これに伴い森南ふれあい会館でリアルの部を再開、従来のオンライン日曜行修会はオンラインの部として継続します。
《リアルの部》
東会場: 森南ふれあい会館 (神戸市東灘区森南町1-11-17、JR甲南山手駅から1分) 開場:8時30分 8時55分までに受付を済ませてください。
参加費: 300円/回 (当日会場払い)
定 員: 14名
申 込:

毎回必ずお申し込みが必要です。次のいずれかの方法でお申込みください。

方法①『オンライン受付システム(Peatix)による方法』

・神戸の会のサイトhttps://tempukai-kobe.peatix.comにアクセスして当該イベント当日の会場参加チケットをお申し込みください。

方法②『メールによる方法』staff@tempukai-kobe.jp

  • ・必要事項 参加希望日、氏名、所属の会の名前、一般の方はお住いの都道府県名
  • ・返信されるメールで定員内であることを確認してから会場にお越しください。

会場参加の方は次の点にご留意ください。

  • 行事参加行動ポリシーをご確認ください。
  • ・当日は健康状態申告書に記入のうえ、ご持参ください。
  • ・マスクを着用して、飲料・ハンカチを持参してください。会場での茶菓の提供は行いません。
  • ・体調不良で会場に来られなくなった場合はご連絡をお願いします。
  • ・万一、開催日に兵庫県が緊急事態宣言中、あるいは蔓延防止重点措置が発令されている場合は、オンラインのみの開催に切り替えさせていただきます。
《オンラインの部》

オンライン行事利用規約をご確認の上、ご参加下さい。
Zoomは8時30分(開場時刻)から入室可能です。

参加費: 会員1,000円、会友・一般2,000円 (4〜6月期有効パスポート)
※一度お申し込みいただくと2022年4月~6月までの間、何回でもご参加いただけます。
※神戸の会を応援して頂ける方は、別途支援金一口500円も受け付けております。
是非、ご支援の程、よろしくお願い致します。
申 込:

次のいずれかの方法でお申込みください。

方法①『Peatixによる方法』

・Peatix(ピーテックス)上の神戸の会のサイトhttps://tempukai-kobe.peatix.comにアクセスして当該イベントの参加チケットをお申し込みください。
申し込み方法の説明動画です
https://1drv.ms/v/s!Atd8Zmnw-VBdgfUtYUoAFr-HX4fq6Q?e=HahiPq

・当日に招待メールは届きません。開場時刻になればご参加いただけます
参加方法の説明動画です
https://1drv.ms/v/s!Atd8Zmnw-VBdgfUsaApEZxDUuHd46A?e=t6QS3A

方法②『メールによる方法』

  • ・メールはstaff@tempukai-kobe.jp宛にお願いします。
  • ・氏名、招待メール送付先のメールアドレス、所属の会
    会員以外の方はお住まいの都道府県をお知らせください。
  • ・Zoomを初めてご利用の方は、その旨お書き添えください。折り返し利用の手引きをお送りします。
  • ・参加希望日の2日前までにご連絡ください。
  • ・期間中(4月~6月)は前日夕刻に招待メールが届きます。
    記載されているURLをクリックしてZoomミーティングに参加してください。
  • ・参加費用は、6月末までに郵便振込をしてください(手数料振込人負担)
    振込先:ゆうちょ銀行口座記号番号:00940-8-141557
    加入者名:天風会認定神戸の会
    払込票の通信欄に「0406参加費」又はお名前の前に「0406」と追記願います。

夏期修練会/夏期オンライン行修会のご案内

「いのち輝く歓び〜感謝で活きる」

予期せぬ様々な出来事が起ころうとも
私たちのいのちは輝いている
今こそ感謝で活きる時
価値高く活きよう
さぁご一緒に
待ちわびた修練会

全体概要

講 師: 岡田幸仁、國岡恒雄、國分博継、難波和広、南方哲也、宮井芳行
日 程: 夏期修練会 7月15日(金)~18日(月) しあわせの村会場でのリアル参加のみ
神戸オンライン行修会 同時開催     オンライン参加
基礎行修会:7月9日(土)        神戸国際会館でのリアル参加(定員20名)+オンライン参加
いずれも一週間程度の見逃し配信があります。
参加費: 夏期修練会(昼食代を含む):賛助会員 40,000円、一般・会友 80,000円
              他に初年度会員割引、学生割引などあり
オンライン行修会 :賛助会員 20,000円、一般・会友 40,000円
          他に初年度会員割引、学生割引などあり
定 員: 夏期修練会 90名、オンライン行修会 100名

各行事概要:

夏期修練会

今年はコロナ前と同じ4日間とし、まだ様々な制約は残ってはいるものの、できるだけ以前の修練会の姿に近づけて行います。

オンライン行修会

昨年の夏期特別行修会では、午前中の朝礼、安定打坐、誦句の講義を中心にzoomによる中継を行ったところ、好評でした。そこで今回は修練会の「誦句と瞑想」をリモートでも分かりやすい講義形式に置き換えて、午前中の部をオンライン行修会としてzoomで中継することとなりました。

基礎行修会

天風先生が修練会の前に必ず説かれていた「我とはなんぞや」の講義やクンバハカ、養動法、安定打坐法などの基礎行法の解説をいたします。初心の方は是非ご参加ください。
夏期修練会もしくは夏期オンライン行修会にご参加の皆さまは、追加費用なしにご参加になれます。

夏期修練会/夏期オンライン行修会参加申込サイト:http://ptix.at/2Z3uH2
プログラム、参加要綱、お申し込み方法など、詳しくはパンフレットをご覧ください。志るべ5、6月号にも同封されています。